北川悠仁ギター2

Southern Jumbo(Gibson製)7/21NEW
通称:めめギター、トップ、サイド、バック、ネック裏、ヘッドが白く塗装されトップに村上隆さんの目玉のイラストが書かれたギター
目玉のイラストはお花ギターのように敷き詰められてなく白地に間隔をおいて大小のイラストが書いてある。

トップ-スプルース単板、サイドバック-マホガニー単板、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズウッド

J-45 standard(Gibson製)
with youのジャケットのデザインがボディトップとヘッド化粧板に塗装されているギター。その他ボディサイドとバックは黒に、ネックは白に塗装されている。
2012年6月1日のミュージックステーションでwith youを歌う時に使用されたもの。その後with youを歌う時には使用される。
ストラップはLA3000の黒を使用。

トップ-スプルース、サイドバック-マホガニー、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズウッド

DOVE(Gibson製)
ライブFUTATABIに使うため笹川さんから譲り受けたもの。
FUTATABIのキャラクターがゆずとハトを掛け合わせたものなので、それにちなんだものなのか、笹川さんからこのギターをもらったからキャラクターが生まれたのかもしれない。

トップ-スプルース単板、サイドバック-メイプル単板、ネック-?、指板ブリッジ-ローズウッド

J-160E(Gibson製)
初期からのライブでメインに使っているギターで初めからピックアップが付いているがハイランダーのピックアップ(IP-1)後付けしている1968年製のギター。
「雨と泪」PVのためにお金を借りて買ったもの。
バックの内部には弦が切れないようにマジックで何と書いてあるかわからないがメッセージのようなものが縦書きで書いてあるお札が貼られている。
最近はボディに限界がきているため、あまりライブ等で使用しなくなったがライブ「FUTATABI」で久しぶりに使っていた。

PVでは「雨と泪」「サヨナラバス」「友達の唄」「センチメンタル」「くず星」「心のままに」「いつか」「向日葵ガ咲ク時」「飛べない鳥」「アゲイン2」「青」「呼吸」「シュミのハバ」「栄光の架け橋」「陽はまた昇る」「もうすぐ30才」「春風」で使用している。

トップ-スプルース、サイドバック-マホガニー、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズウッド

J-160E(Gibson製)
68年製のJ-160Eが調子の悪い時に使用するサブギターで仕様は同じ、1967年製

トップ-スプルース、サイドバック-マホガニー、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズウッド

J-160E(Gibson製)
Mステスペシャルで使用したギター。最近買い足したらしくメインで使っていたJ-160Eがそろそろ限界が来たのかもしれない。おそらくタカミネ製の後付けマグネットピックアップ「Tri-Ax」をつけているが詳細は不明。ゆずのね、ゆずのね前夜祭、ライブにも使用している。
もしかしたらサブの塗装を塗り替えたのかもしれないが可能性は低い。

トップ-スプルース、サイドバック-マホガニー、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズウッド

The 70th Anniversary
John Lennon J-160E
Imagine Model(Gibson製)

8/5のNEWS ZEROで使用していたギター。
ジョン・レノン生誕70周年にオノ・ヨーコのリクエストによりギブソンとコラボレーションしたJ-160E。三種類ある中の一つで「イマジン」のイメージカラーであるホワイトを全体につや消し塗装したモデル。
全世界70本限定販売

トップ-スプルース、サイドバック-マホガニー、ネック-マホガニー、ピックアップ-P-90

J-50(Gibson製)

通称:花ギター、村上隆さんにペイントしてもらった世界に一本しかないギターで作る時に岩沢さんにもったいないと言われたが制止を振り切り作ってもらった。とても貴重で扱いが大変なため移動の際はマネージャーが手運びをする。
バックには油性ペンの手書きで「ゆずツアーガンバッテ下さい」と村上さんのメッセージとサイン、イラストが書かれている。
ギター自体は1967年製でこれにペイントするのはかなりの勇気がいるような…
「またあえる日まで」のPVで使用。
また現在トップのイラストにはクラックが入ってしまっている。

トップ-スプルース、サイドバック-マホガニー、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズウッド

Humming Bird(Gibson製)
家用であまり外にもあまり出さないギターで音がよくピックアップが付いていないがボディを加工するのがもったいなくてやれないらしい。レコーディングにも使用。1964年製
PVでは「歩行者優先」「今夜君を迎えに行くよ」で使用している。

トップ-スプルース、サイドバック-マホガニー、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズウッド、ピックガード-ハチドリ絵の大きめ、スクエアショルダー

STYLE-O(Gibson製)
桜会のPVで使用されているギター。
1902年〜1925年までに生産されラウンドホールとフラットトップの原点となったギター。左右非対称のフルアコのようなギターでピックガードは取り外されている。
ストラップはLA?を使用している。

トップ-?、サイドバック-メイプル、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-エボニー

60's Humming Bird AE(Gibson製)
ゆず誌54号に小さく写真があるが実際北川さんの物かは不明。たぶん新しく買った物だと思われる。
限定発売された黒塗装のHumming Birdで発売した60年代の復刻モデル。

トップ-シトカスプルース、サイドバック-マホガニー、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズウッド、ピックガード-ハチドリ絵の大きめ、スクエアショルダー

J-45(Gibson製)
GO HOMEの「アゲイン2」「心のままに」で使用。ボディカラーは黒。
アフリカ訪問時も使用していた。

トップ-スプルース、サイドバック-マホガニー、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズウッド

J-50(Gibson製)
ゆず誌58号に載っているもの。DOVEの隣に置いてあるので北川さんが弾いていると思われる。

トップ-シトカスプルース単板、サイドバック-マホガニー単板、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズウッド

DOVE(Gibson製)
ゆず誌58号に載っているもの。レコーディングで使われていると思われ弾いている姿も写っている。珍しいチェリーサンバースト塗装。

トップ-スプルース単板、サイドバック-メイプル単板、ネック-?、指板ブリッジ-ローズウッド、チェリーサンバースト

J-45 ROSEWOOD(Gibson製)
GO HOMEの「シュビドゥバー」などで使用。リボンツアーの楽屋にも置いてあったもの。リボンツアーでは使っていない。ボディカラーはサンバースト。

トップ-スプルース、サイドバック-ローズウッド、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-エボニー、ペグ-クルーソンタイプ金色

CL-50(Gibson製)
スタジアムツアー満員音礼〜熱闘!Bomb踊り〜の「風とともに」「向日葵ガ咲ク時」で使用。

トップ-スプルース単板、サイドバック-インドローズ単板、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-エボニー
VAD-?(Voyage-air製)
さだまさしさんから結婚のお祝いに貰った折りたたみギター。
北川さんと岩沢さん共に頂いたもの。
モデル名はVAD-1、VAD-2だと思われる。

FL2-AC(Cole Clark製)
エレアコ。2006年冬至の日ライブで使っていたもの。以降ライブでもちょくちょく使っている。

トップ-ブンヤ単板、サイドバック-ブンヤ単板、ネック-クィーンズランドメイプル、指板ブリッジ-インドローズ、ペグ-ロトマチックタイプ、ヘッド-ロゴ黒文字、スクエアポジションマーク、カッタウェイ仕様。(同じ形で仕様が異なるものがあるためモデル名は合っていますが仕様が違うかもしれません。)

D-45?(Martin製)1/3NEW

アリーナツアー2012/13のfromで使用したギター。

トップ-スプルース単板、サイドバック-ローズ単板、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-エボニー

OO-18V(Martin製)
トヨタ、ラクティスCMのメイキングで弾いているギター。CMでは岩沢さんが後部座席で弾いている。たぶん借り物。

トップ-スプルース単板、サイドバック-マホガニー単板、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-エボニー

S-1(Stafford製)
エレアコ。ピーチボーイズで使用したカスタム(?)ギター。本体は四万円くらいのものでギター・シュミレーターを通して音が鳴るためアンプを通したような音になるらしい?ジャニス・ジョプリンなどのステッカーがヘッドやボディに散りばめられている、ピックアップはリアとフロントのハムバッカー。ストラップはSP-415を使用していた。演奏時は半音下げチューニングっぽい。1966年製

トップ-スプルース合板、サイドバック-マホガニー合板、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-ローズ、ペグ-、ヘッド-スタッフォードロゴ

VG-03C(VG製)
ラウンドショルダーのギブソン型ドレッドノートっぽいボディ。

トップ-スプルース単板、サイドバック-メイプル単板、ハイランダーピックアップIP-1付き、ビンテージサンバースト塗装

VG-?(VG製)
スモールボディで全身がライトグリーンの珍しいギター。
ピックアップIP-1付き
SAD-1999(スタッフォード製)
力の限りゴーゴゴーふんどし祭りで使用したギター。色はサンバーストでストラップはSP-410を使用していた。

トップ-スプルース単板、サイドバック-マホガニー単板、ネック-マホガニー、指板ブリッジ-エボニー、フィッシュマンピックアップ搭載

?(メーカー不明)
スモールサイズのピンク色で一番安価なアコースティックギター。
福山ヱンヂニアリングというテレビ番組で一万円バンドを作ろうという企画の際に購入して使ったもの。以前ゆずのラジオで架空のバンド、メライセラ☆トップスのトップが福山雅治であることから生まれた企画。
御茶ノ水のクロサワ楽器で店頭販売されていた4980円のギターをいろいろとクレームをつけて税込み4000円まで安くして購入。演奏前の試し弾きでは弾くたびに音がズレていく・・・と苦笑い。最終的に三人で「上を向いて歩こう」を演奏しテレビと体育館ツアーユズモラスで公開した。
ちなみに福山さんは一番値段が高いカシオトーンを演奏している。
LM2800?(LiveLine製)
ストラップ
LL-36虹に付けているもので太い本体部ははしごのように均等に細長い穴が空いている。一般的にはエレキギターに使う長さのストラップで使用時はひもをつけてのネックにつけている。ギターと同様に虹模様を塗装してある。

LM2800?(LiveLine製)
ストラップ
「また会える日まで」の花ギターに付けているもので太い本体部ははしごのように均等に細長い穴が空いている。一般的にはエレキギターに使う長さのストラップで使用時は黒いベルトのようなものでネックにつけている。赤茶色

LA3000(LiveLine製)
ストラップ
with youのギターにつけているもので黒色。LA2800との違い金具の部分にLiveLineのロゴがある。

LA2800(LiveLine製)
ストラップ
テキサンによく付けているもので黒色。LA3000とは違い金具にLiveLineのロゴがない。

LA2800(LiveLine製)
ストラップ
テキサンなどによく付けているもので茶色で金具が金色に見える。モデル違いで縁に刺繍があるものや皮結合部分にロゴがあるもの(LA4000)があるがこれは刺繍もロゴもなく皮結合部分に×の刺繍があるだけのシンプルなもの。

LA?(LiveLine製)
ストラップ
初期からライブやPVでJ-160Eにつけていたもの。茶色で型はLA2800に似ているが皮結合部分に×の刺繍があるところがかなり後ろにあるタイプ。別注モデルの可能性があり資料がなくモデル名は確定できない。

SP-415(YAMAHA製)
ストラップ
花柄がついているもの。Humming Birdなどにつけていた。

SP-410(YAMAHA製)
ストラップ
黒い革製で主にヤマハのギターにつけていた。

SP-410(YAMAHA製)
ストラップ。茶色の革製でSAD-1999につけていた。

TGS-5(タカミネ製)
ストラップ
タカミネの緑ギターにつけていた黒色の皮製。

TGS-4(タカミネ製)
ストラップ
タカミネの黒ギターにつけていた黒色で細いストラップに肩パットがついたもの。

Vinyl Racer×Strap(Couch製)
ストラップ
ライブ2-NI-×FUTARIのASAT Classicというギターに使用したもの。
色はブラック×レッドで合成皮製。黒いストラップに赤いラインがあるようなもの。

PPS-201PT(Providence製)

ストラップ
大工の仁さんがエクスプローラに付けていたもの。
金属の鋲が三列についていて、そこそこ重くパンク感が出ている。
ASAT Classic(G&L製)
テレキャスタータイプのエレキギター。
ライブ2-NI-×FUTARIの「1か8」などで使用したもの。ボディカラーは木目が出るクリアーなオレンジ色。
ストラップはVinyl Racer×Strapを使っている。

ボディ-アルダー、ネック-メイプル、ローズウッド、指板-メイプル、ブリッジ-真鍮

Explorer(Gibson製)
エクスプローラー。MUSIC FAIRの「第九のベンさん」で使用したギター。色は黒でステッカーが貼ってある。ノブとピックアップは変更されている可能性があり、ストラップはメタル系によく使うような金属が横に三列、縦全体についたものをつけ、シールドはクルクルした黒を使用していた。
PVでも使用。
テレキャスター(Fender製)
エレキギター。
ボディがピンクペイズリー柄のテレキャスターでゆず誌75号に北川さんが弾いている写真が載っている。ピンクペイズリー柄は現在フェンダージャパンから発売されている「TL69 PRD」というモデルがあるが現行のモデルかヴィンテージ物かは不明。
ストラップはFender製のMonogrammed Straps(色はWhite/Brown/Yellow)をつけ、ヘッドにはKORG製のAW-2G白をつけている。
ライブ2-NI-×FUTARIの楽屋で練習用としても使用している。

ボディ-バスウッド?、指板-メイプル

ジャズマスター(Fender製)
エレキギター。
寺岡呼人さんのものだがレコーディングで使用している。

ボディ-アルダー、指板-ローズウッド

ジャズマスター(Fender製)
エレキギターでリボンツアーの為に購入。黒色でトレモロバーは外されている。

ボディ-アルダー、指板-ローズウッド

Duo jet 6128(Gretch製)
エレキギター。「嗚呼、青春の日々」などで使っていたがリボンツアーで新しいエレキを購入しているためもう使わないかもしれない。1958年製

Les Paul standard(Gibson製)
向日葵ガ咲ク時のPVで使用。実際楽曲に使ったかは不明。

Les Paul 1957GoldtopVOS(Gibson製)
嗚呼、青春の日々のPVで使用。PVではグレッチを使っているが後半でピックガードを外したLes Paul 1957GoldtopVOSを立てて立っている北川さんが1秒に満たない短さで映っている。楽曲には使っていない。

L-50(Gibson製)
エレキギター。家ギターで外には出さないため詳細不明。作曲などで使っているかも?

フライングV(Gibson製)
友達の結婚パーティーの為にバンドを結成、ギターの担当になった為にフライングVを新調しようと考えていた。演奏ジャンルはパンクらしい?実際購入したかは不明
Casion(Epiphone製)
エレキギター。ジョン・レノンに憧れて購入したがエレキを弾くことがあまりないのでめったに使わない。1967年製


[←戻る]