■お花さんについて(ネタバレ)(#2)

1 [+moon stone+] []
解説希望とはちょっと違うので、新しくトピ立てました。『お花さん』のレビューがなぜああなったのか、私なりの解釈を書きますね。
お花さん=多香子の不倫相手、ということですよね?そして切り刻まれた=殺された、旦那に、ということですよね?じゃあ…何故殺したのか。多香子を愛していて嫉妬から?仕事人間で不器用なだけで彼女をまだ愛してると私は思いたかったんです。だからいくら罪の意識を感じていても愛する妻を残して死んじゃあ…って思いました。だから二階で…のシーンで罪の意識だけなら動機が薄いと感じただけです。
読解力無くて旦那の心理が理解出来なかったのです。もしかして旦那も不倫していて妻を愛してなく、世間体から殺人をしたのでしょうか?
でも私は、旦那は愛していたと解釈しました。もう私の希望ですねこれ。
長々と書きましたが、伝わりましたでしょうか?本当に私は文章書くの下手で困ります。
決してつまらない作品だとは思いません。むしろ大好きな作品です。その事はわかっていただきたいです。最近のまいける様はキレキレですね。おバカな私には難しい作品ばかりです。でも、それを足りない頭で考えるのも好きなんですけどね(笑)
2012-11-14 23:35

2 [まいける] []
 +moon stone+様、書き込みありがとうございます。解釈はそれで合ってます。お花さんは人間であり、男であり、多香子の不倫相手です。夏彦はその不倫相手を殺すわけですが……。

 夏彦を殺人に駆り立てた気持ち、それは作中では明かされていません。何故なら、多香子の心理描写はあっても夏彦の心理描写はないからです。わかることは、夏彦が仕事人間だということです。ただ、多香子の推察から、夏彦は不倫をしているのではないか、とか、自分(多香子)を愛していないのではないか、という不確定な描写は存在します。

 結局夏彦はどういう気持ちで殺人を犯したの? となりますが、それは読者様に委ねます。正解はないです。嫉妬かもしれない、裏切られたという怒りかもしれない……。

 多香子を愛しているのなら、多香子一人を残さずに、という意見ですが、どっちみち多香子は一人になってしまいます。夏彦は自殺をしなくても、刑務所に入ったことでしょう。あるいは、多香子を殺して自分も死ぬという選択肢もあります。その場合仮定として多香子を愛していたとしましょう。愛する人を殺すのは、とても難しいのではないのでしょうか? もしくは、仕事ばかりで多香子をかまってやれず、多香子が不倫に走ってしまったことを自覚していた。その罪滅ぼしとして(その中に怒りや嫉妬も混じっていたかもしれません)、不倫相手と自分を殺めてリセットしたとか。

 このように、夏彦の動機などは描写が少ない分様々な解釈ができるわけです。つまり、+moon stone+様の解釈は正解だし、違う意見を持つ人からしてみたら間違いなんですよね。

 最近キレキレ、ですか。嬉しいです。短編四連発(自殺ブームからお花さんまで)は自己評価高めです(笑)。

 あ、ここまで書いたらもうネタバレ丸出しなのでちょっとした解説。多香子が花に水をやり、花が甘い香りを発するシーンは性行為の暗喩なのです。見抜かれてましたかね?

 納得のいく返答になっているか不安ですが、こんな感じです。また気になる点がございましたら、気軽に書き込んでください。では。
2012-11-15 21:10

[セコメント][~一覧]

←|→|最初|最新 (1/1)