■解説希望(#5)

1 [まいける] []
 解説希望の方はこちらに書き込んで下さい。その際は解説を希望される作品のタイトルを添えて下さいね。

 この解釈で合ってる? という書き込みも受け付けております。

※注意。作品の中には何も考えずに書いたものもあります。よって、解説できない作品もありますのであしからず。
2012-10-18 22:58

2 [A] []
『記憶の固執―サルバドール・ダリ―』の解釈をしました。
よかったらこれでいいかを…お願いします。

まず世界遺産に落書き、有名な絵画を切り刻み、殺人を犯した
この三つはなんとしてでも世に自分のことを知らせたいという思いからの行為…

そしてそれはその一瞬世に知らされたのでしょうか…

そして次のターン…
時は刻まれ、季節は色を変え、時代は移り変わり、地球が廻って、星が誕生して墜ちる。

この時罪を犯した人たちも忘れられ行為の意味は失われる…


彼らは時計に怯えていたのだ。時を刻む時計に。時計のチクタクという音は、彼らにとって死の旋律で、刻まれた数字は全て死という漢字に変わり、針はナイフだった。

このフレーズの『死』というのは人々の記憶から消えていくという本当の意味での『死』の象徴?


子供。それは自分の欠片。それは彼らへの慰めになる。しかし、彼らは孤独だった。

この『子供』これは2パターン考えました。
まずひとつ目は己の子供。
子によって自分の存在は受け継がれ伝えられる?…しかしそれはいつか途絶える。もしくは二代、三代までは伝えられたとしても十代目にして…もう己のことは継承されてはいない…?核家族の進む現代的考え方としてこのパターンを考えました。

そしてもうひとつの考えとしては
自分が子供の時のこれからの期待に対する思い…これを『慰め』とし、そこから「やはり最後は孤独を感じざるおえなかった」ということによる最終フレーズ…「しかし、彼らは孤独だった」

彼らが見た慰めは、サルバドール・ダリの記憶の固執、別名「柔らかい時計」。とろりと溶ける時計に、彼らは最高の慰めを感じた。それでも、それらはその場しのぎにしかならなかった。何故なら時計は溶けないからだ。

サルバドール…私はこの人物を知りませんでした。いまだによくわかりませんが…とりあえずウィキで調べたところ才能をもった有名な方らしい…なるほど…才能をもつものは罪を犯すことなく世に自分を知らせることができ、人々の記憶に残るわけだ…
先ほど考えた2パターンのうち後者のほうのパターンで完結までいくとすると…
人は生まれてから自分の才能を信じ、その才能を見いだし、人々の記憶に残ろうと期待しながら生きる。そしてこれが成功し、いつまでも人々の記憶にとどまれたとき「溶ける時計」は実在することになるのでしょうか…
しかしそうですね…最後のフレーズにいくのでしょう。
つづく
2012-12-10 02:42

3 [A] []
長くなりすみません。

つづきですが…

結局私はサルバドールを知らなかった。
つまりどんな才能をもち、溶ける時計を見いだそうとしたところで、犯罪を犯し、世間に名を残そうとしたところで私がサルバドールを知らなかったように人々の記憶から彼らは消えていく。一人また一人と…そして完全に消える。

これで時計の針は進んだことになる。


悲しいですね…
犯罪を犯したのは人々の記憶から消えないため…
簡単に言うとそうなるでしょうか?

呟きのように書いたのでかなり拙い文になってしまいました。

ここまでお付き合いしていただけたのなら光栄です。

この解釈は…直感ではありますが…結構自信はあります(笑)

子供の解釈のところは気になりますが…
よかったら返事をくれたら…と思います。よろしくお願いいたします。
2012-12-10 02:51

4 [まいける ] []
投稿ありがとうございます。解釈読ませて頂きました。細かく推察されていて凄いなあ、と思いました。

さて、本題に入ますが、A様の解釈でほとんど合っています。ほとんど、と言いましたが、これは僕の意図した解釈と照らし合わせた結果であって、間違いとかは存在しないのですが。小説の解釈は感性によって変化します。僕とA様の感性には勿論差違があって、細かい解釈も変わります。だから、これから述べる解釈は僕の考えであります。正解ではないし、間違いでもありません。

僕の解釈と異なったのは、子供とダリの解釈です。まず、子供は自分の分身とか生きた証になります。登場する犯罪者は生きた証(名を残す)を刻みたかったわけですが、孤独でした。子供は孤独の中では生まれません。よって犯罪者は犯罪という形で名を残そうとしたのです。

ダリの絵は解釈の差違が生まれやすいので、難しいのですが……時計は登場人物にとって恐怖の対象です。時が流れれば自分は着実に失われていきます。
2012-12-10 09:49

5 [まいける] []
ダリの絵をご覧になりましたか? 時計が溶ける、これはどんなメッセージを有しているのか。僕の解釈では、時計が溶けて機能しなくなり、時の流れがとまる、時計というプレッシャーからの解放とかそんなものなんですが、時計が溶ければ登場人物たちは犯罪を犯す理由がいくらか減ります。時が止まれば死はきません。

しかし、絵は絵でしかなく、実際時計は溶けません。その場しのぎでしかないわけです。

いかがでしょう? これが僕の解釈です。少しでも参考になれば嬉しいです。

あ、心のこもった珠へのレビューありがとうございます。お返事を書きたいのですが、実は機種変でミスをして小説の新規作成やレビューの返事ができなくなってしまったのです。ご容赦を……。
2012-12-10 10:15

[セコメント][~一覧]

←|→|最初|最新 (1/1)