まえがき

 村上春樹やフランツ・カフカのような小説を書きたい――そんな事を思いながら書き始めました。

 なるたけ答えは明記せず、読書様に答えを委ねる作風が多いかと思われます。と言っても、色んな解釈ができるような、そんな優れた作品ではないです。

 答えに霧をかけたような作風のため、不親切な作りになってしまっているかもしれません。すみません……。

 この小説は短編集です。例外はありますが、ほとんど一〜二分もかからずに読み終える事ができます。ちょっとした暇潰しに最適かと思われます。

 少しでもあなたの暇を潰せますように。


ヤドカリ男を読む



[←戻る]