怪談を語る会、ホラー短編集
[あとがき](1/1)

ここまで読んで頂きありがとうございます。

オチの意味はわかりましたかね? わからなかった方はもう一度最初から読んでみてください。

プロローグを読まずに途中から読みはじめた方にはオチの意味がわからないかもしれません。多分。そんな方ももう一度プロローグから読んでみてください。

この小説は最初にオチが思いつきました。早くオチが書きたくて焦ってしまい、肝心な怖い話があまり怖くない物になってしまいました。しかも、「私は霊が見えます」「空気の違う所へ」は、別に公開している短編集から転載したものです(加筆修正はしました。転載元はもちろん僕の作品です)。

そんな作品でしたが、僕の作品にしては珍しく多くの栞を挟んでもらい、喜色満面でございます。

改めてあとがきまで読んで頂きありがとうございます。また別の作品で会えたら嬉しいです。

それでは、さようなら。

- 22 -
前n[*]|[#]次n

/22 n

⇒しおり挿入

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]