怪談を語る会、ホラー短編集
[招かれざる者](1/1)

Fが語り始めた。全員、真剣に耳を傾けていた。でもすぐにAはあることに気がついた。

落ち着け、とAは思う。誰かの悪戯か? いや、違う、と判断する。これは悪戯なんかじゃない。

Aは素早く立ち上がり、壁にはりつく。腕を壁に這わせて、手をパーにして電気のスイッチを探る。

おかしいな、電気のスイッチは確かにこの辺にあったのに。

Fの話は続いている。A以外の者は真剣に話を聞いている。蝋燭の頼りない光が5人の顔を照らす。

5人……。やはりそうだ、僕は間違ってなかったんだ、とAは確信する。それと同時にドッと汗が出る。身体が怯えている。

スイッチを見つける。Aは力を込めてそれを押した。電気が点く。暗い部屋から一気に明るい部屋に変わったため、全員が目を細めた。手で影を作った。Fの話は止まった。

「おい、なんだよ」とEは言った。「急にどうしたんですか?」とBは尋ねた。

「気がつかなかったのか?」とAは真っ青な顔をして言った。

- 21 -
前n[*][#]次n

/22 n

⇒しおり挿入

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]