ヤドカリ男
◆ [あとがき+解説](2/5)

「トロフィー」

 塔は道のり、トロフィーは栄光、番人は障害です。障害にぶつかっただけで努力する事を止めたら、栄光を掴む事はできません。

「ヤドカリ男」

 最初は長編小説にする予定でしたが、短編にしました。ヤドカリ男は色んな物を背負っています。主人公はそれを破壊しました。するとヤドカリ男は殻がないと楽なんだね、と言います。あなたも何か背負ってませんか? もしそれが置ける物だったら、一度地面に置いて休憩しませんか。そんなメッセージを込めて書きました。

「現代に感謝を」

 不条理小説を書きたくて挑戦してみました。過去にはこのような不条理な出来事があった筈です。現代にも様々な不条理な出来事がありましたが、少なくとも今回のようなケースはありません。ですから現代に感謝です。

 もう一つこの小説には隠されたメッセージがあります。少女は突然死の宣告を受けます。それは現代でいう癌宣告のような物に似ています。癌宣告も不条理と言いますか、理不尽な一面を持っているように思えます。

- 51 -
前n[*][#]次n

/54 n

⇒しおり挿入

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]