愛の48手セックス体位
LovelyVenus
アタシのおま○こ

48手は江戸時代に有名になったセックスの体位の種類で、当時の絵師の描いた春画が元になっているようです。

48手の名前の由来は相撲にちなんでいるらしいです。

 実際にプレーしてみると分かりますが、結構体力的にキツイ体位も多いです。

”そんな体位をしてまで、するの?”と疑問をもってしまう体位も存在します。

また結構似たような体位も存在して、無理矢理48手にしたんじゃないかな?という気もしました。

体力的な問題(持ち上がらない等・・)で若干、体位が崩れている物が含まれていますが、

多分48手を毎晩続ければ、男女共に、かなり引き締まった身体になることでしょう。(笑)
48手/第一手『岩清水』

48手/第二手『浮き橋』

48手/第三手『しがらみ』

48手/第四手『後櫓(うしろやぐら)』

48手/第五手『手押し車』

48手/第六手『雁が首(がりがくび)』

第七手『首引恋慕(くびひきれんぼ)』

第八手『御所車(ごしょぐるま)』

第九手『こたつがかり』

48手/第十手『こたつ隠れ』

第十一手『碁盤攻(ごばんぜめ)』

第十二手『鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)

第十三手『時雨茶臼(しぐれちゃうす)』

第十四手『獅子舞い(ししまい)』

第十五手『絞り芙蓉(しぼりふよう)』

第十六手『しめ小股(しめこまた)』

第十七手『撞木ぞり(しゅもくぞり)』

第十八手『菊一文字(きくいちもんじ)』

第十九手『宝船(たからぶね)』

第二十手『抱き上げ(だきあげ)』

第二十一手『抱き地蔵(だきじぞう)』

第二十二手『立ちかなえ』

第二十三手『立ち花菱(たちはなびし)』

第二十四手『立ち松葉(たちまつば)』

第二十五手『達磨返し(だるまかえし)』

第二十六手『千鳥(ちどり)』

第二十七手『千鳥の曲(ちどりのきょく)』

第二十八手『茶臼のばし(ちゃうすのばし)』

第二十九手『燕返し(つばめがえし)』

第三十手『吊り橋(つりばし)』

第三十一手『手懸かり(てがかり)』

第三十二手『梃子かがり(てこがかり)』

第三十三手『鳴門(なると)』

第三十四手『百閉(ひゃくもん)』

第三十五手『鵯越え(ひよどりごえ)』

第三十六手『鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)』

第三十七手『仏壇返し(ぶつだんがえし)』

第三十八手『二つ巴(ふたつどもえ)』

第三十九手『帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)』

第四十手『本駒駆け(ほんこまがけ)』

第四十一手『窓の月(まどのつき)』

第四十二手『松葉崩し(まつばくずし)』

第四十三手『深山(みやま)』

第四十四手『椋鳥(むくどり)』

第四十五手『乱れ牡丹(みだれぼたん)』

第四十六手『流鏑馬(やぶさめ)』

第四十七手『寄り添い(よりそい)』

第四十八手『理非知らず(りひしらず)』
[←戻る]