平成21年度

5月 ・第21回熊本県高校総文祭 団体戦優勝 
     源平戦第一部優勝(2年生チーム)
     第二部最優秀賞(1年生チーム) 

7月 ・第31回全国高校選手権大会出場(7年連続7回目)
本校史上初の、「団体戦準優勝!」
     主将:鹿子木 華(2年)・副将:束前  愛(3年)
     三将:冨田 早紀(2年)・四将:原田亜祐香(2年)
     五将:相良 珠未(3年)・六将:杉浦  暢(2年)
七将:江藤 咲月(2年)・八将:北井 泰弘(2年)

予選リーグ3戦全勝(鹿本4−1諏訪清陵・鹿本5−0武生・鹿本4−1暁)
     準々決勝 鹿本3−2宮崎大宮
     準決勝  鹿本3−2城東(徳島)
     決勝   鹿本1−4暁星(東京) 

    個人戦B級第4位入賞:束前  愛(3年)
 
・第33回全国高校総合文化祭に、県代表として5名出場
    束前・鹿子木・冨田・原田・相良
    予選リーグ2勝1敗(熊本3−2島根、熊本5−0茨城、熊本1−4青森)
    2位ながらも、トーナメント進出
    熊本1−4徳島  ※高校選手権のリベンジをされる
    ☆ベスト16とまり
 
平成22年2月
    ・第31回熊本県高等学校小倉百人一首かるた競技大会にて、第一部8連覇(第二部時代から、9年連続9回目の優勝)       ☆大会史上二度目の同メンバー(鹿子木・冨田・北井)による、大会2連覇  

3月 熊本県高等学校文化連盟優秀芸術文化賞を団体として初受賞

・「2010プレ九州大会」にて初優勝 (6回目にして、やっと九州チャンピオンになる)
                          
[←戻る]