■第38回山鹿市新春かるた大会(#1)

1 [鹿口] []
今日は、本校のセミナーハウスで、「第38回山鹿市新春かるた大会(源平戦大会)」が開催されました。

この大会に関わり始めたのは、8年ほど前から。本校に会場が変わったのは、5年前からです。

山鹿市文化協会が設立されたのは、昭和50年とか。ということは、私の教師歴と全く同じということになります。

それはともかく、今日の大会。中学の部は、有段者2名のいる「内田かるた会」が圧勝。25チームが出場した小学生の部は、年毎にレベルが向上しています。

準決勝&決勝の2試合は、ハイレベルの試合。有段者たちが繰り広げる試合は、高校生の試合よりもレベルが高かったかもしれません(はっきり言って、高校の大会の「第二部」よりはレベルが高く、今日の上位4チームは、どのチームが出ても優勝すると思われるほどでした)。スリリングな試合を十分に堪能することができました。小学生のみなさん、ありがとう!

優勝:泗水A、準優勝:内田A、第3位:内田B

この3チームは、当然のことながら、2月23日の県大会でも優勝戦線に割り込んでくると思います。ただ、「あと一歩」の努力が必要かなと思い、閉会式の講評の中で、いくつかそのヒントを述べたつもりです。

いずれにしても、「小学生の頑張りが、高校生に火をつけてくれる」のは確か。そういう意味でも、H多先生&Iアさんたちの(仕上げの)ご指導を期待しております。

今日は、勉強になる試合を見せてくださって、ありがとうございました。

閉会式では、文化協会の方々から「退職祝いの花束」をいただきました。
サプライズでした。その花束を抱えて、入賞した小中学生たちと一緒に
写真撮影をしてもらいました。

FBの方に写真を載せていますので、私と「友だち」の方は、ぜひ御覧ください。

今日の大会で、私が運営に関わる大会は終了しました。正直に申しまして、「ちょっとさびしい」です。
2013-02-10 21:00

[セコメント][~一覧]

←|→|最初|最新 (1/1)