■九州地区大会を楽しんできます!(#5)

1 [鹿口] []
大会4日前となりました。

今回の大会は、
私にとって、県外で行われる、
高文連関係のファイナル大会です。

この大会は、楠木永世クイーンが高一のときに、
「プレ大会」として出発させました。

それから6年間も「プレ大会」が続き(苦笑)、
昨秋やっと熊本で産声をあげることができました。


そのような大会ではありますが、
今回はあまり力みもありません。


今日も、大会直前ですが、
「筋トレ」で部員たちを鍛えました。

間もなく60歳になる「おじいちゃん」に比べて、
みんな身体が硬いなあという感じ(苦笑)。

「来夏」を視野に入れて、
じっくりとトレーニングさせていこうと思っているこの頃。


チーム鹿本ファンのみなさま、
これからもご声援をよろしくお願いします。

また、このHPへのアクセスも、
よろしくお願いしますね。
2012-10-24 21:27

2 [鹿口] []
いよいよ明日になりました。

心配なのは、「雨」です。
朝6時に山鹿を出発しますが、
スムーズに長崎まで行き、
受付時間に間に合いますように。

どのチームも強豪揃いですが、
予選1位通過ができれば、
嬉しいことこの上なし。

ちなみに、夕刊によると、
明日の私の運勢は「最高」のようです。


ところで、今日もすさまじく多用な一日でした。

8:30〜12:20 古文の授業。
12:25  部長に、今日の練習の指示。
12:30  昼食を摂りながら、3年生部員に小論文指導。
13:10  11月23日の山鹿温泉さくら湯オープンイベントの 
       下見&打ち合わせ(山鹿プラザファイブ&八千代座)
14:30  先輩が経営している理髪店(自宅近く)で散髪。
15:10  自宅に帰り、両親と妻に、八千代座近くで購入した
       山鹿羊羹をプレゼント。
15:30  玉名市で旧友と再会。
16:20  明日の「差し入れ」購入。
16:30  玉名市出発。
17:10  25KM移動し、学校到着。
       「まだ同窓会館に残っていた」1年生を追い帰す。施錠。
17:30  山鹿プラザファイブで、イベント実行委員長と打ち合わせ。
18:30  帰宅。改装中の車庫のチェック。


明日は、4時30分起床予定です。

私にとって「最後の団体戦大会」を
しっかりと楽しんできますね。
2012-10-27 19:59

3 [鹿口] []
予想通り、雨の早朝となりました。

「長崎は今日も雨だった」デス。
これから出かけます。

「良い一日」となりますように!

2012-10-28 04:55

4 [鹿口] []
今日の九州地区大会結果

【予選リーグ】
Aパート1位 熊本県A(鹿本)勝ち点3  勝ち数13
Bパート1位 鹿児島県A(鶴丸)勝ち点3 勝ち数13
Cパート1位 福岡県A  勝ち点3 勝ち数15
Dパート1位 大分県B(日田)  勝ち点3 勝ち数10
大会規定により
決勝戦は福岡県A対鹿児島県A
3位決定戦は熊本県A対大分県B

決勝戦進出か3位決定戦進出かを決めたのは、
3回戦の結果。3勝したものの、○将が運命戦敗退。
これを勝っていたならば、14勝1敗で決勝戦進出だった。

鹿児島県Aは2回戦で、熊本県のA高校主将に運命戦勝利。
この試合で、A高の主将が勝っていたら12勝止まり。
その結果、やはり鹿本が決勝戦に進出。

優勝は、3−2で福岡県に競り勝った、鹿児島県A。
鹿本は、3−2で大分B(日田高)に辛勝。

優勝チーム・準優勝チームとの直接対決がなかったのが残念。
もしかしたら「優勝」も十分に考えられた。


一方、うちの「期待値」チームは、
1回戦 2−3 日田高
2回戦 2−3 長崎県A
3回戦 4−1 筑紫女学園1年
リーグ3位ということで、9位決定戦へ。

4回戦 5−0 長崎県B。

このうち、1年生の成績は、12勝4敗。


来年の大会では、日田高と鹿本高が
優勝に一番近い位置にいるのではないかと思う。

今日、日田高相手にABチームともに戦った。
来年度は、なんとかこの学校に「かるた同好会」が発足して欲しい。
同校の教頭先生にその話をしてみたが、
現状ではきびしそうだった。

でも、実現するまでは、粘り強く取り組んで欲しい。

このチーム(日田高)は、今後まちがいなく強くなる。
出場できたら、平成26年度の全国高校選手権大会では、
間違いなく「台風の目」的な存在になるだろう。
2012-10-28 23:32

5 [鹿口] []
長崎についたら、途端に「おひさま、サンサン」となった。
「長崎には雨がよく似合う」と思っていたのは、偏見であった。

会場の上空に浮かぶ満月(?)は、とてもきれいだった。


長崎県の先生方の運営は、来年度の「全国高校総文祭」を
意識されてのものだった。

特に、その中心にいらっしゃるA木先生。
彼は、私よりひとつ年下。
ということは、退職間際の年に、
あの激務に従事されるわけである。

くれぐれも健康を大切になさってください。
そのことを力説してきた。

今回の経験は、長崎の先生方や高校生諸君にとって
確実に「大きな財産」になると思われる。

頑張ってくださいね!


九州各県のチームが、
全部ベスト8入りしたら、最高ですね。
2012-10-29 20:40

[セコメント][~一覧]

←|→|最初|最新 (1/1)