■桜島を超えよ、熱きおもひの鹿本百部赤T軍団!(#5)

1 [鹿口] []
明後日は、鹿児島大会。本年度最後の公認大会です。 

天気予報では「雨」・・・・
鹿児島大会の日には、よく雨が降ります。
「菜種梅雨」「木の芽起こしの雨」の時期だからでしょうか。

昨年も同じことを書きましたが、
いまの日本の状況を思いますときに、
「かるたの試合ができる」というのは、
何と「しあわせ」なことか!

 今回も太宰府・宇佐大会の反省をもとに、
「1枚1枚」を大切にし、試合を楽しみながら、
好成績を出してくれるものと確信しています。


 「信じる者は救われる」・・・
 自分と仲間の力を信じて、試合を大いに楽しもう! 

 鹿口ファミリー、赤T軍団は、桜島の熱き炎よりも熱く燃え、
 今年も鹿児島大会で大旋風を巻き起こすことを期待しています。
 今年も卒業生たちが応援に(本当は観光)駆けつけてくれます。

 会場内は赤一色で、熱気ムンムン。燃えて燃えて・・・・・、
 ついにABCD級ともに上位独占狙い!

 特に、C級の諸君は、この大会で、
 「熊本大会参加のパスポート」をつかもう!

とにかく、試合を楽しんでくださいね。
今年は私も鹿児島に行きます。


2012-03-16 21:23

2 [かごしま速M] []
はじめまして。
本日の試合後にご挨拶させていただいた者です。非礼をお許しください。
本日の鹿児島大会にご参加いただきありがとうございました。

いろいろ書きたいこともありますが、本日はお礼のみで失礼させていただきます。
鹿口先生はじめ鹿本高校かるた部のますますのご発展をお祈りいたします。

2012-03-18 23:16

3 [鹿口] []
かごしま速Mさま > 
本日は(正確に申しますと、昨日は)声をかけてくださいまして、
ありがとうございました。0時15分ごろ帰宅いたしました。

鹿本高校の先輩が、会場にいらっしゃったことに対して、
部員達はとても喜んでいます。
実は、うちの部のOBが2名(三段&初段)
K児島大(私の母校)に在学しています。
彼らにも、話しておきます。

これからも何かとよろしくお願い申し上げます。
また、山鹿にお帰りの際には、
ぜひ鹿本高校&同窓会館にお越しください。
とりあえず、御礼まで!
2012-03-19 00:54

4 [鹿口] []
今回の鹿児島大会で知り合いになった、
速Mさんから私への私信の一部を(ご本人に無断で)転載します。
(後輩たちのための記載ですので、お許し願います。)


【4年前から子供が公民館講座で競技かるたを始めたのをきっかけに、
私も競技者になりました。

中学・高校・大学と軟式テニス部の体育会であり、
しかも理科系でしたので
百人一首や競技かるたとは無縁の人生でしたが、
この年になって日本語の美しさと礼節を学ぶ
たいへんよい機会に恵まれました。

幸いなことに会長のT田Q先生に教わることも多いのですが、
十分な練習時間がとれず4年がかりでやっと3級です。
強くも上手くもありませんが、
かるたをしている時間はとても幸せです。


50才近くになってから、
自分の母校が
こんなに身近な存在になるとは思いませんでした。


鹿口先生もK児島大学の先輩であり、
「北辰斜めに」を歌われていたかと思いますと、
これも何かの縁なのかなと思います。
勇気を出して声をおかけして本当によかったです。
全て競技かるたのおかげです。感謝いたしております。


鹿本高校の赤T軍団を初めて拝見させていただきました。
強く、礼儀正しい皆様をOBとして誇らしく思いました。

鹿口先生のご指導の賜物かとお見受けいたしました。
鹿本の選手が東京大学の選手に勝った時には、
ガッツポーズをしていました。

選手の皆さんのご両親と私は同じ年ごろかなあと思いながら、
こっそり応援いたしておりました。

鹿児島に来て約30年ですが、
こんなに故郷を感じた事はありませんでした。
選手の皆様には、
皆様の知らないところで
勇気や感動をいただき
励まされている高校のOBがいることを
お伝えください。


感謝の気持ちを忘れずにかるたと礼節を学び、
本分である学業を怠らず、
礼儀正しい社会人になって下さい。


鹿口先生と鹿本高校百人一首競技かるた部の
ますますのご発展を祈念いたします。】



速Mさん、これからもよろしくお願い申し上げます。
2012-03-20 19:49

5 [鹿口] []
表題の一部にある「熱きおもひ」の「おもひ」とは
もちろん「掛詞」です!

「思い」&「火」をかけています。

さて、大会の結果は、
たいへん残念な結果に終わりました。

今回は、ほとんどの対戦が
ライバル高校の部員との対戦。

昇段戦まで、
B級3人C級3人D級4人が進出。

しかしながら、
B級準優勝がひとり。
D級入賞が3名という
物足りない結果に終わってしまいました。


ライバル校との対戦成績は、
対A高校とは、8勝6敗
対B高校とは、6勝6敗。
数字上は、ほぼ互角です。

けれども、
A高校ではA・B級が各1名誕生。
B高校ではB・C級が各2名誕生。


うちでは、B級2回戦段階での同士討ちが
実に痛かったです。
大会役員の方に
「なんとか考慮してください」とは
申し上げましたが・・・・。

同じ県協所属とは言っても、
全く知らない選手が複数名。その
未対戦の選手たちと対戦できるような
組み合わせを考慮して欲しいと思いました。
(うちは、なぜかいつも
「つぶし合い」が多いのです。
その分、昇段できていません。)


さて、これから夏に向けて、
ライバル校と切磋琢磨して実力を向上させ、
今夏の全国高校選手権大会では
「九州勢による決勝戦」をしたいですね。

「九州はひとつ」を合言葉にして
がんばりまっしょい!
2012-03-20 20:10

[セコメント][~一覧]

←|→|最初|最新 (1/1)