■うれしいメール(#2)

1 [鹿口] []
 4月9日(土)以来、何と11週間ぶりに我が家で土曜の午前中をすごしている、鹿口です
(「この歳にしてはよく頑張っているなあ」、と自分で自分を誉めている、私です)。

 期末考査が終わったら、全国総文祭が終わるまでは、再びそのような日々になるのでしょうが、
「それだけ充実していてありがたいこと」だと思わなければならないのでしょうね。
しかし、「勤続疲労(?)のあい間」にちょっと気がゆるんだのか、(再度)やや体調下降気味の朝です。

 そのような、今朝の出来事。
3年ほど前に、(不登校のために)学校を辞めた
(と同時に部も辞めることになったわけですが)
Sくんのお母さまから、メールが届きました。
Sくんがこの4月から、ある大学の経済学部に進学し、
充実した学生生活を送っているとの「嬉しい」知らせでした!

 退学後の彼のことを、とてもとても気にしていましたので、
私にとっては何よりの朗報です。
Sくんおめでとう! 
(それまでなかなか決断できなかったきみが)自分の意志で将来進むべき道&
(それにつながる学問をするための)大学進学を決めたことに対して、本当に本当に嬉しく思います!
もう迷うことはないと思いますので、しっかりと自分の人生を歩いて行ってくださいね。

 ともすれば、華やかな部員の活躍が目立ちますが、
(その一方で)鹿本百部には、(学校生活にうまく適応できず)
不登校気味の部員が毎年数名います。
しかし、そのような部員達が、休学したり退学したりしても、訪れてきてくれます。
教室には入れなくても、練習にも出てくれます。
 
 理想は、「全員が、無欠席で登校し、練習にも励んで、高校を卒業すること」かもしれません。
しかし、いろいろな悩みを抱えながら、紆余曲折しつつも、部活に生き甲斐を見いだし、
「鹿本百部」に愛着を感じてくれている・・・・・・
これが「チーム鹿本」「鹿口ファミリー」の最大の良さだと自負しています。

 K子さん、元気ですか?  8月の高卒検・・・「きっと大丈夫です」
みんなで、応援していますよ。その日私は、福島から応援しています!
きみも、後輩たちを応援してくださいね。
 
2011-06-25 10:26

2 [鹿口] []
今日は、3年ぶりに妻と(今日封切りの)映画を見に行きました。
1人だと1、800円、夫婦2人だと(1人)2、000円。
ありがたいけれども、1人追加で200円のみプラスというのも・・・。


結構話題の映画なのでしたが、観客は予想外に少なく、60%程度の入りでした。

夕刻からは、私が幹事長をしている、(初任校時の)教員仲間の会合を開催。
この会は、毎年6月の第4土曜日に開催。
昭和の時代から続けています。
もう退職した者が多く、現役は2名のみ。
近年は、夫婦での参加も多くなりました。

今年は、先日のRKKの放送を見てくださった先輩方が多く、
中には「全国大会の観戦に行こうかな」とおっしゃってくださった方もいます。

その方は、娘さんが、大津市の隣に住んでいますので、
観戦される可能性は、70%くらいはあるかもしれません。
『窓を開けて』の放送についてもCMしておきました。

「チーム鹿本」の輪は、ますます広がっています!
2011-06-25 22:46

[セコメント][~一覧]

←|→|最初|最新 (1/1)