■そよ風のころ(#8)

1 [鹿口] []
風薫る5月。

といっても、今日で、すでに9日間が経過しました。

今年の5月の空は、なぜかすっきりとしていません。
黄砂・・・・、黄砂・・・・・。


私の心にも、すっきりしないことがあり・・・・。

百部の部員は、みんなすばらしいのに、
つまらない・エゴのかたまりの大人が、
私に悩みの種を醸し出しています・・・。

「歯に衣着せぬ」物言い・・・
すべては、誤解から生じていると思うのですが。

それでも、一応私の方がかなり年上なのですよ。
「おまえはそこまで言うのかい。何様のつもりか。
ちょっと失礼すぎるのでは」と言いたかったのですが、
相手はその程度の人物なのだと思い返し・・・・。

「同レベルで言い合うと、こちらまでちっぽけな人になってしまう。」
そう思うと、なんだか馬鹿馬鹿しくなりました。


小人の言動に左右され、
こんなことを書き込む自分が、
情けない・・・。

しかし、書かずにはいられません!

困ったものです。具体的なことを
このHPに書けないのが、
つらーい!
2011-05-09 20:39

4 [W邉] []


こんばんは。いつもお疲れさまです!


先生は本当にいろいろ大変ですね。


私たちのためにありがとうございます。


明日は中学生に良いイメージを与えられるように頑張ります!!



2011-05-09 21:21

5 [鹿口] []
W邉 >  きみは本当に心優しい娘ですね。 ありがとう!
何よりの言葉です。

また、いろいろと気を遣わせてしまって・・・・。

もみ○饅頭に続いて、長崎土産・・・・、ありがとう!
我が両親&娘婿が、(甘い物には目がないので)泣いて喜びます(ました)。

ところで、我が娘婿は、カープの熱狂的なファンですので、
「もみ○饅頭」と聞いただけで、もう発狂モノ(笑)。
広島大会の日も、「あっ、お父さんの代わりに広島に僕が行きましょうか。
ついでにマツダスタジアムに行って来てもよいですか・・・・。」などと
口走っておりましたからね。
ケータイの待ち受けメロディ(?)は、「広島カープ応援歌」。
我が愛する、孫たちには、カープのユニフォーム・・・・。

そのうちに、「いざゆけ若鷹軍団」を口ずさませてやる象!
(ちなみに、孫たちには、将来「かるた」を教えるつもりです。)


それにしても、今年の連休は、広島&福岡&長崎・・・という具合に
たいへんでしたね。お疲れさま! 疲労は回復できたかな・・・・。


2011-05-10 21:53

6 [鹿口] []
今日の夕方、激しく降る雨にも負けず・・・。

やって来ましたよ、Y鹿中学校百人一首部のみなさんが。
T足先生(わが部の初代主将)ともうひとりの女性の先生が、
部員12名を引き連れて、同窓会館に来られました。


「流し」&聴き分けの練習を見せて、その後は、
1年生とともに、「み」までの50枚を用いての源平戦。

今日が入部して3回目の中学1・2年生たちが、今日で11回目の
練習日である高一生の指導を受けながら、楽しそうな表情をして、
かるたの世界にのめりこんでくれました。
(その中には、うちの部員の妹さんもいて、後で聴いて「吃驚」。)

それにしても、入部して3週間の1年生たちが、
何と頼もしく思えたことか。
笑顔を絶やさず、優しく指導するその姿に、
「感動しました!」。


これが3週間前までは、本当に札1枚も知らない子どもたちだった
などとはとても思えないような「風格」さえ感じました。


1年生のみんな !  きみたちは、
もうすっかり「チーム鹿本」のメンバーになりましたね。


山○中学校百人一首部員のみなさん、
また練習に来てくださいね。


2011-05-10 22:07

7 [鹿口] []
明後日は、体育祭です。

雨も上がってくれて、今日から大会に向けてのラストスパート!

薫風さわやかな朝・・・・・。
と言いたいところですが、午前中の出来事は、
まさに「13日の金曜日」という感じ。


グラウンドの職員集合場所に、同僚と話しながら
小走りで、高鉄棒の下をくぐり抜けようとした、その時・・。

私の左顔面が、鉄棒に直撃!
思わずその場にうずくまってしまいました。
(一緒に走っていた同僚は、急ぐあまりに
私がぶち当たったことに気づかなかったようです)
なんと、信じられないことに
1箇所だけ、高さの低い鉄棒があったのです。

後から来た同僚が、急いで養護教諭を呼びに行き、
私はそのまま保健室に直行!

一時間ほど氷で冷やしました。



そのまま職員室に戻ると、
3年学年主任のT中先生が心配されて・・・・。

「これから夏にかけて、先生は全国大会を控えた大事な身体です。
私が送迎しますから、病院に行ってください。」と
強く受診を勧められました。



本当に「感謝」あるのみです
ありがとう、T中京○先生!

その時、通院しようかどうかと迷っていた私ですが、
T中先生の迫力ある説得のおかげで、
「よろしくお願いします」のひと言。
私は患部を冷やしながら、T中先生の車で、病院へ。


頭部のCT写真を撮ってもらいました(このパターンは、
昨夏の全国高校総文祭前日と同じパターン)。

患部が痛むので、夕方まで冷やしてはいましたが、
内出血などしていないとの診断で、「ほっ」。



帰校すると、先生方が心配されて・・・・。
ある先生曰く、「先生が今日の鹿本高校生の
けがを一手に受けてくださったことに感謝します」と。
「今日は、これ以上の悪いことは起きないと思いますよ」とも。

これらの言葉は、とても説得力がありました。
物事は考えようですね。


夕方、(会場を変更して)福島総文が開催されるという
吉報が届きました!
現地のみなさまの、開催に向けての並々ならぬご尽力に
敬意を表します!

出場するからには、頑張らねば!


今日は、
たくさんのみなさまの
「善意」に包まれた一日でした。

いま、私の心の中に「そよ風」が吹いています。
2011-05-13 21:42

8 [鹿口] []
今日で中間考査も終了!
 
いよいよ県予選大会&宗像大会に向けての、
さらには全国高校選手権大会優勝に向けての、
「鹿本赤T軍団」の快進撃(?)が始まります。


さて、今日の私めは、と言えば・・・・。
昼前ごろから有給休暇をもらって、熊本市内の病院に定期検診。
コーチの「一病息災」とは違い、「多病薬漬息災」人生です。
(打撲した顔面は、元に戻りました。ご心配をおかけしました!)



それが終わった後、熊本市内のとある場所で、
熊本西高時代の百人一首部(当時は「古典文学部」)
の卒業生3人&2人(子どもさん)と会いました。
なんと、10年ぶりの再会です。
3人ともわが部のコーチと同期生の美女たち。
2人は「すっかりお母さん」になっていました(微笑)。

そのうちのひとりは、千葉県内在住。いま実家に帰省中。
「鹿口に会いたい」ということで、マルを通して私のメルアドを聴き、
1週間ほど前にラブコールを送ってくれました!

3人とも在学中は主力選手(A級2人&三段)で、
当時のこととか、仲間や先輩・先生方の消息等々・・・。
あっという間に、時間が過ぎていきました。
我が鹿本高校の活躍ぶりも(当然のことながら)話題に。

しかし、関心はやはり、母校の「かるた部復活」の件。
途中で、私が現顧問のH田先生にTEL。
近々練習を見に行くということで、話がまとまったようです。

それにしても、ひとりの教え子の娘さんは、我が孫と同い年。
慣れてくると、私の膝の上にちょこんと座って・・・。
私が帰るときには、「ジジ、バイバイ」と、
我が孫と全く同じ言動(すっかり錯覚してしまいました)。


教え子との再会は嬉しいもんです。

将来、鹿本百部の部員達が
「子連れ」で遊びに来てくれること&「子連れ同窓会」をすること
を楽しみにしています。


おっと、その前に、今年の高校選手権大会に向けて、
しっかりと頑張らねば!

今日も、薫風が私の心の中を吹き続けています・・・・。

明日も、がんばる象!  取材もあるしね。
2011-05-25 19:13

[セコメント][~一覧]

←||最初|最新 (1/2)