5 [鹿口] []
西日本新聞の熊本県版の
正月特集に、
わが「鹿本百部」が載ることになりました。

11月中旬からすでに取材は始まっています。
その後、衆議院解散となりましたので、
記者さんは大忙しのようです。

でも、元旦もしくは1月3日〜5日ごろに
割と大きな扱いで載るようです。

「お正月だから女性がよい」という
新聞社の方の(妥当な)偏見(?)で
2年女子トリオが取材の最前線に立たされました。


紙面がどのように仕上がるのかが楽しみなこの頃。
2012-12-04 22:07

6 [鹿口] []
昨日から、国語の時間に百人一首かるたの授業を始めました。

先週初めから罹っている「喉風邪」が治らないままの授業。
ちょっと「つらい」ですね。

けれども、みんなが楽しそうにかるたと向き合ってくれているので、
こちらもやりがいがあります。

ルールも何も知らない生徒達が、
1時間の授業を終える頃には、
札もいくつか覚え、
「熱中」しています。

この授業も今年で最後ですが、
毎年毎年・・・・続けています。
初任の時から、38年間も続けています。

(他の担当者のクラスも含めて)
学年全員を指導するようになったのは、
鹿本高校に赴任してからです。

来年から誰が指導するのか。
百人一首かるた大会は実施できるのか。

(10年間かけて蓄積した)
札も80組ぐらい揃っている、
「ありあけくん」もある国語科。
大会をやらなければ、
「もったいない」ですよね。


1年生は日曜日から「修学旅行」に行きます。
明日からの1週間は、2年生のみの練習。

10人でやるのも、サビシイデスネ。
しかし、他の学校は、
いつもそれぐらいの人数で練習しているのでしょうから。
あまり大きな声では言えません。

1年生のみんな、楽しんで来てくださいね。
2012-12-06 20:53

7 [鹿口] []
明日は「櫛田神社大会」です。

引率して行くのは、これが最後。

考えて見ると、
前任校からだから25回以上は行っています。

鹿本では「職域大会」とは呼んでいません。
どう考えても、
「職域大会」というイメージではありません。
なぜ「職域」などと呼ぶのやら・・・・。
特に「職場対抗」とか「地域対抗」でもないのに。
ご存じの方、この命名の由来を教えてください。
正式には「団体対抗戦」なのですが。


それはともかく、今回は、諸般の事情により、
初めて「オール男子」で臨みます。

大いに楽しんで欲しいと思っています。

キャナルにも行ってみよーっと。
2012-12-08 20:09

8 [鹿口] []
博多駅のイルミネーションは、
「節電の時代」とは無関係に
きらびやかなものでありました・・・。

キャナルシティは、今年はさすがに
昼間から点灯ということはなく・・。


櫛田大会ファイナルに行って来ました。
今回が50回目。
今回で、従来の形式を終えるとか。
そういう意味では、因縁めいた大会でした。

25回以上参加した櫛田神社での大会。
今回、初めて雪が舞い続けました。


試合は、3試合戦いました。
3戦全勝でした。

しかし、トータルでは11勝4敗に終わってしまい、
残念ながら入賞はできませんでした。

全30チームが参加。
今回は、入賞枠が広がっていたので、
チャンスではありましたが・・・。
他会で出場した、うちのOBとの対戦等が
実に痛かったです。

そのような中で、男子主将が3連勝。
九州外のB級選手2名との対戦も「V」。
お見事! でした。

他のメンバーもお疲れさま。
みんなそれぞれに
何かを学んだ一日だったと思います。





2012-12-09 20:36

9 [鹿口] []
おととい(12月10日)の夜、シンガポール在住の(夫婦ともに、教え子である)M山夫妻が一時帰国。

ということで、
1986年卒業の熊本県立玉名高等学校3年1組のみんなが集結!

幹事さんからの急な呼びかけ&平日開催にもかかわらず、
十数人が出席。

開会から二次会終了までの約5時間余りの時間。
ものすごく盛り上がったので、あっという間に終わったという感じ。

おまけに「サプライズ」・・・・。
何と私の還暦記念のプレゼントが・・・。
またしても、うるうるとなり・・・。

みんなが集った店は、
玉名市にある「創作料理ダイニング善」。
ここのオーナー兼シェフは、
(私の直接の教え子ではありませんが)
その学年に在学していた、彼らの同期生。

とても素晴らしい料理の数々に、
「感動・感動・また感動」でした。

教え子は宝です!
共に酒杯を交わす・・・最高ですね。

鹿本百部のみんなとも、
そうあり続けたい。
2012-12-12 20:22

[セコメント][~一覧]

||最初|最新 (2/3)