2 [鹿口] []
今日も、いろいろなところで、
『窓をあけて九州』の話をお聴きしました。


わりとみなさん、見てくださっているようです。
中には「感動して、泣きました」という
近所の薬局にお勤めの方の言もありました。


さて、今回は「ゴールデンタイム」での出演です。


今日、担当の井手さまから電話がありました。

後日談をお話したら、
私同様に「アレルギー症状」が出られたとか(笑)。
よい涙です・・・・・。


取材日は、9月7日(水)か9日(金)。
後者の方が有力です。


また情報が入ったら書き込みますね。

2011-09-01 20:30

3 [鹿口] []
今日は、終日熊本県庁での研修会。

午前中、約2時間某放送局の報道局長氏のご講演を聴きました。

話の中に、登場してくる(取材された)教育関係者たち。
知っている人たちの名前が、次々に出てきたのには、
いささか吃驚!

その局長さんが、ある年に制作された『窓をあけて九州』が、
その年の全50作の中で、グランプリを獲得されたとか。

その内容は、私の大先輩の先生が、某天草の高校(私の初任校)で、
退職されるときの話で、その高校の伝統である
「卒業していく生徒たちVS教師集団のラグビー」
(卒業記念の企画であり、私の在職当時から、
もう30年以上も続いています)の試合を題材にしたドキュメンタリーであう。


『窓をあけて九州』がそのような昔から続いていたとは・・・・。
ごめんなさい、井手さん!


その番組自体は見ていませんが、どのような映像だったかは、
想像できます。

きっと「感動的な話」だったに相違ありません。


あの時から30年以上経過した今年、
私も(主演はM月さんですが)出演できたことを、
何かの因縁だと思いました。


F子石さんのご講演は、
元マスコミ志望の私にとって、
とても魅力的な話ばかり。

福島のこともたくさん話されましたが、全国総文祭から
まだ1ヶ月しか経過していないのに、懐かしく感じられました。


「『知識』を使う知恵を持つこと」の大切さ・
「あいさつは『お互いに、相手を自分が認めている』証」

実によいお話でした!



PS
『週刊山崎くん』の取材は、9月9日(金)に決定しました!
2011-09-05 19:14

[セコメント][~一覧]

|→|最初|最新 (2/2)