2 [鹿口] []
「念ずれば花開く」

念ずれば
花開く

苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつの頃からか
唱えるようになった

そうしてそのたびに
わたしの花が
不思議と
ひとつひとつ
開いていった



これは、私の母校玉名高校の前身である、
玉名中学校出身の詩人坂村真民さんの
有名な詩です。

詩の意味は、
「何事も念ずるように
一生懸命に努力すれば
自ずから道は開ける」
という意味かなと思います。

京都への出発(組み合わせ抽選会)の日まで、
「あと1週間」になりました。

今年も亦、いろいろなドラマが
待っていると思います。


今日は熊本日々新聞社山鹿支局の方が
取材に見えました。
掲載が楽しみです。


とともに、暑さ対策を真剣に考えなければならない、
と思うこの頃です。
2011-07-15 20:50

3 [鹿口] []
6月〜7月の長雨のせいか、開花が遅れていた「百日紅」の2本の樹木(百部が植えたもの)に、
やっと(本格的に)華が咲いてきました。
「福島総文」に向けて、「鹿本の燃える赤」「火の国熊本」を象徴するかのような、
鹿本百部赤Tと同色の華が咲いています。

みなさん、ぜひ御覧にお越しください。

ちなみに、同窓会館玄関にあるプランターには
「サルビア」&「松葉ボタン」の赤い花々が咲いています。
2011-07-30 23:37

[セコメント][~一覧]

|→|最初|最新 (2/2)